border

刑事告訴・告訴状作成手続きNETはあなたと共に考えます!

刑事告訴・告訴状作成手続きNETはご相談は無料です!(全国対応)
刑事告訴・告訴状作成手続きNETでは、不運にも犯罪トラブルに巻き込まれ、犯罪被害者になってしまった方と共に考えます。
相談して良かった!と思って頂けるため、犯罪被害を迅速に解決するため、一緒にがんばりましょう。
あなたがもっと笑顔で幸せになれるように!刑事告訴・告訴状作成手続きNETの専門家行政書士が、共に犯罪被害と向き合い、あなたの選択をしっかりとサポートいたします。

 

刑事告訴・告訴状作成手続きNETのお問い合わせフォーム
遅くても2営業日(48時間以内)にお返事いたしますので、お待ちください。

 

告訴状・告発状作成サービス

刑事告訴状と刑事告発状の作成手続き

  • 傷害・暴行の告訴・告発
  • 業務妨害・営業妨害の告訴・告発
  • 誹謗中傷・名誉毀損の告訴・告発
  • 侮辱の告訴・告発
  • 器物損壊の告訴・告発
  • 詐欺の告訴・告発
  • ストーカーの告訴・告発
  • 横領罪の告訴・告発
  • 強要罪の告訴・告発
  • 脅迫罪の告訴・告発
  •  

    刑事告訴状・刑事告発状の提出など

  • 告訴状不受理の対策
  • 警察への苦情申出
  • 検察審査会への不服申立て
  •  

    告訴状・告発状インフォメーション

  • 告訴状・告発状の例文
  • 刑事告訴状・刑事告発状の書き方
  • 告訴状・告発状質問集
  •  

    告訴・告発について

    刑罰は、国家の治安・社会的秩序の維持を保つためそこに国家権力が介入し、犯罪者の自由、財産、名誉、生命等に対して行う国家的応報と一般予防・特別予防を目的としており、厳格に判断がなされる必要性があります。
    刑罰には、犯罪を犯すことで犯した犯罪に合うだけの刑罰が科されなければならない、という考え方と刑罰を科すことで犯罪を事前に抑止(一般予防)でき、かつ、再犯予防の抑止(特別予防)ができるという考え方が根底にあります。

    日本では、近年国民の不安感の増大、被害者感情の重視、治安水準の悪化等から厳罰化の傾向が進んでいます。最近では殺人などの死刑にあたる罪の公訴時効の廃止、児童ポルノの単純所持禁止等罰則の強化が行われています。

     

    刑事告訴状作成依頼をお考えの方へ

    刑事告訴状作成依頼をお考えの方へ

    名誉棄損傷害・暴行営業妨害ストーカー等、告訴状の作成を専門家に依頼する場合は、弁護士、行政書士等を問わず、当該事件を専門的に扱っている専門家に依頼することが重要です。
    行政書士は、手続代理の許認可や官公署に提出する書類作成だけを行っている所も多く、刑事告訴状を作成したことのない行政書士もいます。

     

    当該刑事事件をよく吟味して依頼者から話をよく聞いた上で、当該事案が刑事告訴するに値するか否か、裁判例、法的解釈の観点からはどうか等、また費用対効果の面も検討する必要があります。
    さらに、告訴状を作成するにあたり、被害を受けた方の心情を充分理解した上で民事手続きを併せて行うかを検討する必要があります。
    詐欺被害脅迫強要、インターネットの誹謗中傷被害等、告訴状の作成を専門的に扱っていない行政書士に告訴状の作成を依頼しても、トラブルがこじれて収拾がつかなくなる可能性もあります。
    このことは、行政書士だけでなく弁護士も同様です。

     

    以上から、刑事告訴状だけを機械的に安価に作成するだけの専門家ではなく、器物損壊、業務妨害、暴行・傷害トラブル等、告訴状の作成を専門的に扱い、民事手続きまでの全てを安心して任せられる弁護士、行政書士に告訴状の作成を依頼することをおすすめします。

     

    刑事告訴のご相談承ります!

    刑事事件の被害を受けるのは多くの方にとって、一生に一度あるかないかのことであり、わからないことばかりで当然です。
    そのつらく苦しい悩みを誰にも打ち明けられず、どこに相談すれば自分にとっていちばん良い結果をもたらしてくれるかもわからず、ストレスをためながら心疲れた日々を送っているのではないかと思います。
    刑事事件被害の解決の究極の目的は、犯罪者を処罰することで社会秩序を維持し、被害者の法益保護を確保することに集約されます。
    刑事告訴・告訴状作成手続きNETは刑事告訴を専門に扱うプロフェッショナルとして、ご依頼者の方に最適な解決方法をご提案させていただきます。

     

    告訴・告発ができる期間(公訴時効)

    告訴・告発ができる期間(公訴時効)は犯罪発生後一定期間の経過によって国家の訴追権を消滅させる制度であり、これは犯罪の重さによって異なります。
    告訴・告発に公訴時効が規定されている趣旨は、時間の経過によって一般的に処罰感情が薄れること、証拠の散逸により真実発見が困難になることが挙げられます。

     

    刑事告訴・告訴状手続きNETの新着情報

    2014/12/21
    名誉毀損罪の告訴ページ更新しました。
    2014/12/09
    ストーカー被害の告訴ページ作成しました。
    2014/11/10
    営業妨害被害の告訴ページ作成しました。
    2014/10/23
    傷害罪の告訴ページ作成しました。
    border

    刑事告訴・告訴状手続きNET

     

    告訴・告発の手続き


    つた行政書士法務事務所
    大阪市大正区南恩加島6-8-8
    営業時間:通常受付
    月~土 9:00~21:00
    24時間受付
    TEL080-3823-4618
    FAX06-6552-9777
    info@kokuso-legal.com
     

    告訴状・告発状について